YouTubeで不登校を学ぶ

【衝撃の事実】不登校の子供をフリースクールに通わせる前に見てください

読了予測時間 : 約 3 分 4 秒

今回は、「不登校の子供をフリースクールに通わせるべきか」について解説します。

お子さんが不登校になると、フリースクールという選択肢を検討される方も多いと思います。
実際に今、フリースクールに通おうか悩んでいる方も多いと思います。
実はフリースクールに通う前に知っておくべき事実があるですが、意外とこれを知らずに後から悩む人が多いです。

そこで今回は、「不登校の子供をフリースクールに通わせるべきか」について解説をします。
この動画を見ると、フリースクールの実情が分かります。
そして、皆さんのお子さんがフリースクールに通うべきかについてもわかるので、最後までぜひ見ていってください。

00:00 オープニング
01:21 フリースクールの現実
05:24 社会に存在しないルールを教えてはいけない
05:54 学校以外の環境に慣れるのが危険な理由
07:33 まとめ

---

↓以下、動画の台本になります。動画ではなくテキストでご覧になりたい方は以下をご参照ください。
(台本は動画を作成する際にメモとして残しているもののため、一部誤字脱字や表現が雑な部分もあります。その点はご了承いただけますと幸いです。)

---以下台本です---
私は、逸高等学院という通信制サポート校を運営しており、その中で不登校を3週間で解決する支援を行っています。
2021年は9月時点で既に70人以上が再登校しており、平均18.5日でみなさん再登校までいたっています。
このチャンネルは不登校で悩む親御さんに向けて、ここでしか聞けない、不登校解決のための秘訣をお話ししております。
不登校を本気で解決したい方は、今のうちにチャンネル登録お願いいたします。

前提として、このチャンネルを見ている方は皆さん「不登校を解決したい!」と思って見てくれていると思います。
ですので、今回はあくまで「不登校を解決するため」という前提で、フリースクールについてお話しさせてください。
初めから学校に戻る気がない方、不登校でも全然いい、という方に向けた内容ではないので、ご了承ください。
色んな考えがある中で、1つの考えと思って聞いていただけますと幸いです。

まず、フリースクールといっても本当に多種多様なものがあります。
今回はその中でも最も母数の多い「不登校を受け入れ、学校復帰を目指さないタイプ」のフリースクールについて解説していきます。
フリースクールと聞くと、皆さんこちらのタイプをイメージされるのではないでしょうか。
今フリースクールを検討されている方のほとんどがこちらについて知りたいと思いますので、
今回はこのタイプの解説をさせていただきます。

結論から言いますと、私達はこちらのタイプのスクールはおすすめしていません。
あくまで再登校を目指すとした場合においてです。
理由は、元の学校に戻るのがかなり難しくなるからです。

このタイプのスクールが合うのは、以下の条件に当てはまる方かなと思います。
・家族として初めから学校に戻る気がない方
・勉強以外に将来本気で取り組むと決めているものがある方
ただこういった方はこのチャンネルを見ていないと思いますので、今回は特に触れません。
これから再登校を目指すという方々の目線で解説していきますね。

このタイプのスクールは、次のルールで運営されていることが多いです。
・いつでも好きな日に通っていい
・始業時間なども決まっておらず、好きな時間に通っていい
・授業のカリキュラムなどはなく、ゲームや漫画など好きなことだけやっていてもいい

子供にとっては天国みたいな環境ですよね。
炎上覚悟で言わせていただくと、私達はこのタイプのスクールに通うのはかなり危険だと思っています。
一度この環境になれると、学校に戻ること、もっと言うと社会に戻ることがかなり難しくなります。

なぜなら、社会に出るとこんなルールの環境はどこにもないからです。
いつも言っていますが、私達が考える親の役割は「子どもを自立させ、社会に送り出すこと」だと考えています。
この環境は、残念ながら子どもを自立から遠ざけてしまうことになるかと思います。

もし皆さんが会社の上司に
「明日からいつでも会社に来ていいし、好きな時間に働いていい、自由に好きなことだけやっていいよ」と言われたらどうなるでしょうか?
多分誰も会社なんて行かないですよね笑
きっと、好きな時間に起きて、ソファでテレビを見てダラダラ1日過ごしますよね。

人間そんなに強い生き物じゃないので、ある程度強制される環境がないと自分を律することなんてできないんですよね。
きっと皆さんも何か物事を継続できずに挫折した経験があるのではないでしょうか。
こんなことを偉そうに言っている私ももちろんいっぱいあります。そんなことだらけです。

本当に自分の意志だけで律することができるなら、ダイエットも禁煙も勉強も、全員上手くいくはずですよね。
だからこそ、ライザップさんみたいに、強制的に環境を作ってくれるサービスがこんなにも流行ってるんだと思います。
受験生だって、自分の家だとダラダラしちゃうから自習室に通ってるんですよね。

何が言いたいって、自分の意志なんてものは信用したらダメって話です。人間はそんなに強くないんです。
ましてや人生経験が短い子供だとなおさらですよね。
そんな子供に好きな時間に好きなことだけやっていい環境を与えるとどうなってしまうでしょうか。
こんな心地いい環境に慣れてしまった子供が学校や会社で上手くやっていくことができるでしょうか。
難しいのは皆さんお分かりですよね。

今の日本社会はあまりに残酷な競争社会です。
勉強でいい成績を取ればいい学校に行けて、いい学校に行ければ、いい会社に行くことができます。
しかし、その中で全国に何十万人といる同い年の子ども達との競争を戦わないといけないんです。
そして、同い年の子ども達は大変な中、学校に行って、塾に行って、毎日頑張っているんです。
そんな子供たちと横並びになった時、毎日好きな時間に好きなことだけやってた子供達は果たしてどうなるでしょうか。

少し厳しい話をしてしまいすいません。
私も本当はこんなこと言いたくないですよ。
ただ、子ども達の未来を思うと、こういった現実を伝える使命があるなと思っています。
私だって本当は好きなことだけやっていればいいよ、って言いたいし、
学校なんて行かなくても大丈夫、って言いたいですよ。

でも、それは本当に子ども達の将来のためになるでしょうか。
私は例え嫌われたとしても、子ども達の人生が前に進むことを願っています。

話が脱線してすいません。
結論をまとめると、「社会に存在しないルールを子供に教えてはいけない」というのが私達の考えです。
なぜなら、社会に出て困るのは最終的に子ども自身だからです。

これは家庭でも同じです。
毎日自由な時間に起きて、ゲームやり放題、親に暴言暴力をしている。
今不登校でお悩みの親御さんの多くは、このような状況かもしれません。
お分かりかと思いますが、このままだとかなり危険ですよね。
当たり前ですが、こんなことが許される環境は社会に存在しないですからね。

そもそもの話で恐縮ですが、私達は再登校を目指すに当たって一度学校以外の環境を挟むことを勧めていません。
なので、フリースクールどころか、別室登校すらオススメしていないです。
その理由についても解説していきますね。

私達は、不登校という機会は子供が成長する大きなチャンスだと思っています。
不登校を乗り越えるというのは、すごい成功体験になると信じています。
一般的な子ども達は経験しない経験ですからね。
だからこそ、どうせならこの経験をプラスに変えて欲しいんです。
多くの葛藤を乗り越えて、学校に戻ることは本当に大きな成功体験になります。

しかし、そこでフリースクールを挟んでしまうと、成功体験の価値が少し下がってしまいます。
もちろん悪いわけではないんですが、「せっかく大きな成功体験を得るチャンスだったのに!」思ってしまいます。

もう1つ、ダメなところがあります。
それは、一度フリースクールを挟むと、学校に戻るまで更に時間がかかってしまうということです。
不登校からフリースクール、フリースクールから学校、と2段階壁を乗り越えることになるからです。
人間は、一度環境になれるとそこから抜け出すのが難しくなる性質があります。
これを恒常性と呼びます。ホメオスタシスともよばれますね。現状維持しようとする力です。
人間が継続できないのは恒常性が原因と言われています。

これら2つの理由から私達は、フリースクールや別室登校を勧めていません。
まずは通常クラスに挑戦をすること、そしてどうしてもダメなら次の手段を考えましょう。
大丈夫です。私達は色んなお子さんを見てきましたが、皆さん初めから学校に戻れています。
子供の無限の可能性を信じてあげましょう。

最後に本日の動画をまとめさせてください。
私達も、フリースクールのように学校以外の選択肢が増えることは素晴らしいことだと思っています。
今日は全然紹介できませんでしたが、本当に色んなタイプのスクールが増えています。
そして、フリースクールを運営されている皆さんはそれぞれ熱い想いがあってやられていると思います。
きっと皆さん「子ども達に幸せになって欲しい」という同じ想いをお持ちだと思います。それは私達も同じです。
ですので、その方々の考えを否定する気などは全くありません。
あくまで本日お話した内容は私達の一意見として聞いていただけると嬉しいです。
私達は私達なりの信念をもって、これからも頑張っていきますので、引き続きよろしくお願いいたします!

本日は、「不登校の子供をフリースクールに通わせるべきか」という内容でお話いたしました。
これからもこのチャンネルでは不登校を解決するために必要な考え方をお話していきます。
まだチャンネル登録をしていないという方は、必ずチャンネル登録お願いいたします。チャンネル登録するだけで不登校が解決するのはこのチャンネルだけです。
また、今日の動画が少しでも参考になった方や、もっと色んな話が聞きたいという方は、ぜひグッドボタン・コメントで応援してくださると嬉しいです。
逸高等学院では、無料で不登校についてのご相談をお受けしておりますので、概要欄の公式LINEから気軽にメッセージください。
毎週水曜日、土曜日で無料セミナーも開催しておりますので、少しでも気になる方はぜひご参加ください。
インスタグラムもやってますので、興味のある方は覗いてみてください。
本日は最後までご視聴いただきありがとうございました。

  • この記事を監修した人
小川 涼太郎(おがわ りょうたろう)

小川 涼太郎(おがわ りょうたろう)

逸(いち)高等学院 代表
株式会社SSiM 代表取締役社長

業界最速で不登校を解決する「3週間で不登校解決プログラム」を展開。毎年200名以上の不登校に悩む親御さんが相談に訪れる。

受講者は全員が再登校しており、再登校までの期間は平均で3週間。
当プログラムの目的は、「子ども達がこの先の人生を幸せに生きていくこと」。不登校の解決はそのための通過点に過ぎないと考えており、できる限り短い期間で再登校することを大事にしている。

学生時代には不登校の子ども達に向けたボランティア活動を通し、多くの不登校の子どもたち、保護者様と関わる。

ボランティア活動を通して、子ども達や親御さんとお話しする中で、「本当は学校に行きたい、だけど行けない。自分でも行けない理由が分からない」子ども達が多くいることを知る。

そのように苦しんでいる子ども達や親御さんを見て、「不登校で苦しむ子供たちを一人でも多く救いたい」との思いを持つようになり、不登校支援事業を立ち上げるに至る。

-YouTubeで不登校を学ぶ

© 2020 逸高等学院