• 3週間で不登校解決
不登校について⼀⼈で悩まれていないでお気軽にご相談ください。

YouTubeで不登校を学ぶ

【質問回答】不登校の子供を見守ってきたのですが、これからどうすればいいですか?

読了予測時間 : 約 1 分 2 秒

今回は、不登校でお悩みの親御さんからの「今まで見守り続けて、子どもの好きなようにさせてきた結果、状況が悪化し続けています。このままではまずいと思っていますが、急に親が対応を変えてしまっても大丈夫でしょうか?」 という質問にお答えしていきます。
ぜひ最後までご覧ください!

---

↓以下、動画の台本になります。動画ではなくテキストでご覧になりたい方は以下をご参照ください。
(台本は動画を作成する際にメモとして残しているもののため、一部誤字脱字や表現が雑な部分もあります。その点はご了承いただけますと幸いです。)

---以下台本です---

逸高等学院の小川です。
今回は、不登校でお悩みの親御さんからの質問にお答えしていきます。

現在不登校でお悩みの親御さん、大丈夫です、必ずすぐ学校に戻れますのでご安心ください。

早速質問を読みあげていきます。

「質問です。今まで見守り続けて、子どもの好きなようにさせてきた結果、状況が悪化し続けています。このままではまずいと思っていますが、急に親が対応を変えてしまっても大丈夫でしょうか?」

これは良くある質問ですね。今までカウンセラーさんなどに「無理させないで、様子を見ましょう。」などと言われている方からすると、いきなり方針を変えることは難しいですよね。

安心してください。全然大丈夫です!
私達の元に相談に来るほとんどの親御さんが子どもを見守り、好きなようにさせてきています。そんな状態からでも、皆さん平均3週間以内で再登校できています。

しかし、一時的に子供から反発があることは避けられないかと思います。

そのために大事なのは、親御さんの立ち回りと強い覚悟だと思います。

まずは、今までの対応が間違っていたことを親御さんが潔く認めることです。その上で、「これ以上こんな間違った状態を続ける訳にはいかない」と伝えなくてはいけません。

ここでの”間違い”とは、昼夜逆転やゲーム依存を許すこと、何でも子どもの言うことを聞く、などが当てはまるかと思います。

ここでは、お子さんからの反論を予測しておくことが大切です。例えば「今までと言ってることが違うじゃないか!」と言われそうなら「今までと言ってることが違うから納得いかないかもしれないけど…」と こちらから先に言ってしまいましょう。そこまで考え抜いた上で、こちらは変わろうとしているということを伝えてあげて欲しいです。

つまり、いかに先回りして、親御さんが先の展開を予想するかが大切です。

子供からの反論に対して、後出しで言い訳のように伝えると、子供は納得してくれないことが多いです。更に、その後の親御さんの覚悟も重要です。親御さんがこのように伝えると、子どもは暴れたり、口を聞いてくれなくなることもあるかと思います。ここで下手に出たり、すぐに主張を変えたりすると、子どもは「このまま攻めればいける!」とより畳みかけて反抗してきます。

ですので、強い覚悟と準備をしっかりしておいてください。
中途半端な気持ちでやってしまうと、関係性がより悪化してしまうだけなのでご注意ください。

以上です。今回は、不登校でお悩みの親御さんからの質問にお答えしました。逸高等学院では、不登校解決方法が学べるオンラインセミナーを無料で開催しております。セミナーを聞いていただくだけで、今のお悩みが解決するかもしれません。ぜひ概要欄のリンクから気軽にご参加ください。また、公式LINEで質問も受け付け中です。インスタもやってますので良かったら覗いてみてください。本日は最後までご視聴いただきありがとうございました。

  • この記事を監修した人
小川 涼太郎(おがわ りょうたろう)

小川 涼太郎(おがわ りょうたろう)

逸(いち)高等学院 代表
XLASS株式会社 代表取締役社長

業界最速で不登校を解決する「3週間で不登校解決プログラム」を展開。毎年500名以上の不登校に悩む親御さんが相談に訪れる。

再登校までの期間は平均で3週間。
当プログラムの目的は、「子ども達がこの先の人生を幸せに生きていくこと」。不登校の解決はそのための通過点に過ぎないと考えており、できる限り短い期間で再登校することを大事にしている。

これまで不登校の子ども達に向けたボランティア活動を通し、多くの不登校の子どもたち、保護者様と関わる。

ボランティア活動を通して、子ども達や親御さんとお話しする中で、「本当は学校に行きたい、だけど行けない。自分でも行けない理由が分からない」子ども達が多くいることを知る。

そのように苦しんでいる子ども達や親御さんを見て、「不登校で苦しむ子供たちを一人でも多く救いたい」との思いを持つようになり、不登校支援事業を立ち上げるに至る。

-YouTubeで不登校を学ぶ

© 2020 逸高等学院