• 3週間で不登校解決
不登校について⼀⼈で悩まれていないでお気軽にご相談ください。

YouTubeで不登校を学ぶ

【体験談】不登校支援を受けた感想は?親御さんの生の声を読みあげる

2021年1月18日

読了予測時間 : 約 3 分 13 秒

今回は、不登校支援を実際に受けた方からいただいたアンケートを読みあげていくという企画です。

私達はいつも不登校解決は簡単だと豪語していますが、本当?怪しくないの?と思われる方も多いのではないでしょうか。

その気持ちはよくわかります。実際、どこの支援団体に相談しても治らない人がほとんどですからね。
そこで、実際に支援を受けていただいた方のアンケートを読みあげていきたいと思います。

そして、その中で支援中に起きたエピソードなどを振り返っていきたいです。ぜひ最後までご覧ください!

---
逸高等学院では、不登校を3週間で解決する支援(https://iti-ko.com/3weeks/ )を行っています。

このチャンネルは不登校で悩む親御さんに向けて、不登校を解決するために必要な考え方をお話しております。

現在不登校でお悩みの親御さん、大丈夫です、必ずすぐに学校に戻れますのでご安心ください。

逸高等学院では、無料で不登校についてのご相談をお受けしておりますので、以下の公式LINEから気軽にメッセージいただければと思います。
公式LINE:https://line.me/R/ti/p/%40191lplcs
---

↓以下、動画の台本になります。動画ではなくテキストでご覧になりたい方は以下をご参照ください。
(台本は動画を作成する際にメモとして残しているもののため、一部誤字脱字や表現が雑な部分もあります。その点はご了承いただけますと幸いです。)

 

---以下台本です---

逸高等学院の小川です。私は、逸高等学院という通信制サポート校を運営しており、その中で不登校を3週間で解決する支援を行っています。
このチャンネルは不登校で悩む親御さんに向けて、ここでしか聞けない、不登校解決のための秘訣をお話ししております。
不登校を本気で解決したい方は、今のうちにチャンネル登録お願いいたします。
現在不登校でお悩みの親御さん、大丈夫です、必ずすぐに学校に戻れますのでご安心ください。

今回は、不登校支援を実際に受けた方からいただいたアンケートを読みあげていくという企画です。
私達はいつも不登校解決は簡単だと豪語していますが、本当か?怪しくないのか?と思われるのでは。
その気持ちはよくわかる。実際、どこの支援団体に相談しても治らない人がほとんど。
そこで、実際に支援を受けていただいた方のアンケートを読みあげていきたい。
そして、その中で支援中に起きたエピソードなどを振り返っていきたい。
まず、このアンケートがサクラではないことの証明をしたい。
こちらお客さんから手書きでもらったもので、原本がある。
そちらはLINE公式アカウントのタイムラインをさかのぼると見えるので、怪しいと思った方は覗いてほしい。

こちらのご家族のプロフィールとしては、京都にお住まい、小学4年生の男の子が不登校。中学1年のお兄ちゃんがいる。両親と合わせて4人家族。
不登校の原因は、給食のにおいが嫌で学校にいけなくなった。
学校で人間関係のトラブルや勉強が嫌などは特になかった。
結果として支援25日目で再登校できた。ちょうど3週間くらいでいけた。

早速アンケートを読み上げていきたい。
1つ目の質問「当サービスを利用して良かったと思いますか?」
これはマックス評価の「非常に良かった」に〇をつけてくださっている。ありがとうございます。
理由としては、「学校に行けるようになった。親子関係がよくなった。子供のことを今までよりずっと理解できるようになった」
そうなんです、学校に行けるようになるだけでなく、親子関係までがよくなる家族が多い。
親御さんとだけでなく、お兄ちゃんとの関係も良くなっていった。

2つ目の質問「当サービスを利用する前後でお子さんに変化はありましたか?」
これもマックス評価の「非常に良かった」に〇をつけてくださっている。ありがとうございます。
理由としては、「学校に行けるようになったことのほかに、自分に不都合なことや嫌なことがあるとすぐにゴネていたのが、ほとんどゴネなくなった。また嫌なことがあったときは自分の気持ちや意見を言えるようになった。そのおかげで、親子でその嫌なことをどう解決していくかという話ができるようになった」
そうなんです、こちらのお子さんはこの3週間の間にめちゃくちゃ成長した。
今までは、お母さんにわがまま放題だったのが、変わった。

3つ目の質問「当サービスを利用する前後でお母さんに変化はありましたか?」
これもマックス評価の「非常に良かった」に〇をつけてくださっている。ありがとうございます。
今のところ満点評価ですが、これサクラじゃないですからね?笑
理由としては、「子どもへの接し方が変わった。自分でもかなり変わったと思う。今までは大声で怒鳴ったり、子どもの気持ちや考えよりも自分が思う答えを押し付けていた」
この感想はうれしい。もしかしたら聞いてくださっている方の中にも、こういった態度で子どもに接している方がいるかもしれない。
客観的に誰かに指摘されないと、こういう部分を治していくのは難しい。自分の中で当たり前になっているので。

4つ目の質問「身近な人が不登校で悩んでいた場合、当サービスをおすすめしたいと思いますか?」
これは上から2番目の評価の「おすすめしたい」を選んでくれています。
理由としては、「おすすめしたいと思うが、自分の場合色々検索したり、人から話を聞いたり、自分の考えと会うところを探して巡り合えた。その過程も大事だったと思う。自分で見つけた方ががんばれると思うので。」
たしかにそうですよね、他人に無理やりすすめられても本人がやる気にならないとうまくいかないと思います。
私達もご相談に来た方に「ここだけじゃなく、他のところにも相談して色々比較していいですよ」と言っている。
親御さんの納得感が大事だと思っているので。

5つ目の質問「当サービスを利用して良かった点を教えて下さい。」
(アンケートよみあげる)
いや、本当に感動する内容ですね。親御さんがここまで私達を信頼してくださったからの成功だと思います。
ここにも書いてる通り、不登校の親御さんは「学校に行かなくてもいい」という考えのブログを読まれる方も多いかもしれません。
でもそれは痛み止めにしかならないんですよね。
結局日々の中で不登校の子供を見ると悩んでしまってどうすればいいか分からない人多いと思います。
もう一ついいなと思った点は、「1年がんばりましょうと言われてたら心も体ももたなかったかもしれません」という部分。
そうなんです、人間は期間をここまで!という期間を決められるとがんばれるものなんです。
〆切効果ってやつですね。試験直前になればなるほど勉強に集中できるあれと同じですね。
そういう意味で私達は、短期間での解決することが大事だと思っています。何より、早く学校に戻れた方がいいですしね。

6つ目の質問「当サービスについて改善してほしい点があれば教えてください」
(アンケートを読みあげる)
こちら実態が分からずすいません笑
ここでお答えさせていただきます。
まず、団体としては私小川と元木の2人で運営しています。
支援については全て元木が担当しており、全てのお客さんの支援を一人で行っています。問い合わせの受付から、無料相談、セミナー、支援全て一人で全国のお客さんを対応しています。
自分の会社のメンバーながら、毎日すごいなと思ってみています。
元木からは「この会社ブラック企業すぎる、もっと寝させろ」と毎日文句を言われています笑
そろそろ社員ももっと増やしていかないとなと考えています。
元木は相当のプレッシャーを一人で受けながらやっているので、相談する方は少し優しくしてくれると嬉しいです笑
実態としては、逸高等学院という通信制サポート校の一事業として、こちらの不登校支援を行っています。

7つ目の質問「担当者への満足度を教えてください」
これもマックス評価の「非常に良かった」に〇をつけてくださっている。ありがとうございます。
理由は「無料相談の時から、最終日までずっと信頼して、安心して進めることができた。親がやるべきことを明確に伝えてくださったのでがんばれた」
いやー、さすがはうちの元木ですね。
彼には親御さんを信頼させる安心感があるんですよね。

次も担当者についての質問です。8つ目の質問は「担当者について良かった点を教えてください」
(アンケートを読みあげる)
めちゃくちゃ嬉しい感想ですね。ありがとうございます。
元木さん、聞いてますか。べた褒めされてますよ笑
彼は不登校支援のプロなので、本当にどんな質問にも明確に何をやるべきかを答えられます。
そして、彼は不登校支援のプロと同時に、逸高等学院の校長でもあるので、将来のキャリアを見据えた、学校の校長としての視点も持っています。ただの不登校の専門家ではないんです。更に彼は元々誰もが知る大企業でサラリーマンをしていたので社会人経験もあります。そこでも圧倒的成果を残し、No1営業マンとして活躍していました。色んな視野を持ったお話ができることこそが、彼の強みだと思います。

最後の質問「担当者について改善してほしい点があれば教えてください」
「ないです、こっそりお顔が見たかったです笑」
実は、私達は直接親御さんとお会いすることなく、オンラインだけで再登校まで導いています。
初めから最後まで顔すら見ることがないんですね。
もちろん希望があれば直接お会いすることもあります。
ただ、全国の方の支援を行っているので、物理的にお会いするのが難しい方も多い。
親御さんも顔を見せたくないという方も多いのもある。
決して怪しい団体だから顔を出していないわけではない。
本当に元木の顔が見たければ、逸高等学院のHPにのっているので覗いてみてください。

いかがでしょうか。総じて、めちゃくちゃ良いように書いてくださって本当にありがとうございます。
まあアンケートなので良いように書いてくれている部分はあると思う。
でも、こうやって無事再登校まで導けたのはひとえに親御さんの頑張りだと思う。
親御さんだけでなく、お子さんも本当にがんばった。
お父さんも、積極的になって色んな場面で協力してくれた。
こちらのご家族なら今後どんな困難も乗り越えていけると思う。
いつか京都に遊びに行って直接お礼を言いたいと思っている。
重ねてではありますが、この度はご支援させていただき本当にありがとうございました。

本日は、支援を受けていただいた方からのアンケートを読ませていただきたました。
これからもこのチャンネルでは不登校を解決するために必要な考え方をお話していきます。
少しでも参考になった方は、私のモチベーションアップにも繋がりますのでぜひチャンネル登録お願いいたします。
正直、私もこのまま聞いていただける方が全然増えないと、いつ心が折れて配信をやめてしまうかわかりません笑
仕方なく応援してあげようか、と思っていただけ方はチャンネル登録お願いいたします。
逸高等学院では、無料で不登校についてのご相談をお受けしておりますので、概要欄の公式LINEから気軽にメッセージください。
本日は最後までご視聴いただきありがとうございました。

  • この記事を監修した人
小川 涼太郎(おがわ りょうたろう)

小川 涼太郎(おがわ りょうたろう)

逸(いち)高等学院 代表
XLASS株式会社 代表取締役社長

業界最速で不登校を解決する「3週間で不登校解決プログラム」を展開。毎年500名以上の不登校に悩む親御さんが相談に訪れる。

再登校までの期間は平均で3週間。
当プログラムの目的は、「子ども達がこの先の人生を幸せに生きていくこと」。不登校の解決はそのための通過点に過ぎないと考えており、できる限り短い期間で再登校することを大事にしている。

これまで不登校の子ども達に向けたボランティア活動を通し、多くの不登校の子どもたち、保護者様と関わる。

ボランティア活動を通して、子ども達や親御さんとお話しする中で、「本当は学校に行きたい、だけど行けない。自分でも行けない理由が分からない」子ども達が多くいることを知る。

そのように苦しんでいる子ども達や親御さんを見て、「不登校で苦しむ子供たちを一人でも多く救いたい」との思いを持つようになり、不登校支援事業を立ち上げるに至る。

-YouTubeで不登校を学ぶ

© 2020 逸高等学院