• 3週間で不登校解決
不登校について⼀⼈で悩まれていないでお気軽にご相談ください。

YouTubeで不登校を学ぶ

【宗教?】不登校解決なんて無理?不登校支援団体が怪しい理由とは

2021年1月18日

読了予測時間 : 約 1 分 32 秒

 

今回は「不登校支援団体はなぜ怪しいのか?」というテーマでお話しいたしました。

いつものノウハウ系とは少し異なった内容となっております。
これからも、たまにはこういったお話もしていきたいと思います。

---
逸高等学院では、不登校を3週間で解決する支援(https://iti-ko.com/3weeks/ )を行っています。

このチャンネルは不登校で悩む親御さんに向けて、不登校を解決するために必要な考え方をお話しております。

現在不登校でお悩みの親御さん、大丈夫です、必ずすぐに学校に戻れますのでご安心ください。

逸高等学院では、無料で不登校についてのご相談をお受けしておりますので、以下の公式LINEから気軽にメッセージいただければと思います。
公式LINE:https://line.me/R/ti/p/%40191lplcs
---

↓以下、動画の台本になります。動画ではなくテキストでご覧になりたい方は以下をご参照ください。
(台本は動画を作成する際にメモとして残しているもののため、一部誤字脱字や表現が雑な部分もあります。その点はご了承いただけますと幸いです。)

 

---以下台本です---

逸高等学院の小川です。私は、逸高等学院という通信制サポート校を運営しており、その中で不登校を3週間で解決する支援を行っています。
このチャンネルは不登校で悩む親御さんに向けて、不登校を解決するために必要な考え方をお話しております。
現在不登校でお悩みの親御さん、大丈夫です、必ずすぐに学校に戻れますのでご安心ください。

今回は「不登校支援団体が怪しい理由とは」というテーマでお話します。
実は私達、週に2回、うちの社員が毎週水曜日の19時からと土曜日の13時から無料セミナーを実施しておりまして、そこで不登校解決に必要な考え方についてお話しさせていただいております。
そこで、最近セミナーに来られた方からクレームというか、ちょっと言われたことがあって、そのことについてお話しさせてください。

結論から言うと、「この考えって宗教かなにかですか?」ということを言われましてですね。
うちの社員の心がかなり傷ついていたという話なんですが。
正直、かなり感情的になり、心の中では怒っていたようです。

まず、考えてほしいのが、私達はセミナーに向けて準備をして臨んでおり、みなさんのために時間を作っております。
少しでも、不登校でお悩みの親御さんの役に立てればいいなという思いで、セミナーも開催しております。騙そうとなんてこれっぽちも思ってないです。
セミナーも参加者は一人ではなく、他にも参加者がいらっしゃいます。
他の人も聞いている中でこういうことを言われてしまうと、どうでしょう。周りの方にも「これって怪しい団体?」と思われてしまいます。
せめて、自分の心の中で思っておけばいいですし、本当にそれを聞きたいなら、個別で聞いて来ればいいのに、と思いました。
この状況でそんなことを言うような方が、正直子どもが苦しんているときにうまくサポートできるとは思いません。

と、うちの社員は相当が怒っていたのですが、次の日は打って変わってこのようにいわれました。
「きっとあの人も色んな支援団体をまわって、嫌なことがあったのかもしれないと。(無駄にお金を取られたり、不登校が解決しなかったり)と思いました。
たしかに、世の中には怪しい団体もあることは事実です。1つでも怪しい団体があれば、他の団体も全て怪しく思えてしまうのは仕方ないですよね、と。
相手の想いや、その背景を知らずに、感情的に怒ってしまうのはよくないと思い反省したと言っていました。
それを聞いて、私も「まあまあええこと言うな」と感心していました。
しかし、その3秒後には、業務時間にも関わらず3時間ほど昼寝をしだしたので、感心する気持ちと裏腹に、「こいついつまで寝てるんや」という気持ちとの葛藤に襲われたのですが。

話はそれましたが、どんな人間関係において、相手の気持ちを考えること、はとても大事だなと日々感じます。
かつそれはお子さんに対しても同じです。もしかしたら、これが不登校になるかならないかを分けてしまっているかもしれません。
みなさんもそうだと思いますが、私達としても信頼できる相手じゃないと何事も絶対うまくいきません。
実際、私達の支援を受けていただいた方はみなさん再登校できていますが、これもひとえにみなさんが私達を信頼してくれていたおかげですし、私達もその方々を信頼をすることができていました。これが成功した要因だと思います。

どこまでいってもお互いのリスペクトなしには、物事はうまくいかないと思います。
親子や夫婦、家族の中でもリスペクトし合える関係を築くことができれば、きっと、どんな難関も乗り越えられると思います。
私達も例え宗教だとか、怪しいとか言われたとしても、信念をもって、私達を信頼していただける方がいる限り、続けていこうと思いました。

本日は、「不登校支援団体が怪しい理由とは」という内容でお話いたしました。
これからもこのチャンネルでは不登校を解決するために必要な考え方をお話していきます。
逸高等学院では、無料で不登校についてのご相談をお受けしておりますので、概要欄の公式LINEから気軽にメッセージください。
本日は最後までご視聴いただきありがとうございました。

  • この記事を監修した人
小川 涼太郎(おがわ りょうたろう)

小川 涼太郎(おがわ りょうたろう)

逸(いち)高等学院 代表
XLASS株式会社 代表取締役社長

業界最速で不登校を解決する「3週間で不登校解決プログラム」を展開。毎年500名以上の不登校に悩む親御さんが相談に訪れる。

再登校までの期間は平均で3週間。
当プログラムの目的は、「子ども達がこの先の人生を幸せに生きていくこと」。不登校の解決はそのための通過点に過ぎないと考えており、できる限り短い期間で再登校することを大事にしている。

これまで不登校の子ども達に向けたボランティア活動を通し、多くの不登校の子どもたち、保護者様と関わる。

ボランティア活動を通して、子ども達や親御さんとお話しする中で、「本当は学校に行きたい、だけど行けない。自分でも行けない理由が分からない」子ども達が多くいることを知る。

そのように苦しんでいる子ども達や親御さんを見て、「不登校で苦しむ子供たちを一人でも多く救いたい」との思いを持つようになり、不登校支援事業を立ち上げるに至る。

-YouTubeで不登校を学ぶ

© 2020 逸高等学院